ホーム>塾長ブログ

塾長ブログ

都立入試強化テスト最終

いよいよ明後日、都立高校入試試験です。

今日も、試験強化テストを実施中です。

今日は、数学2回、英語2回、今年は出るのではないか・・・という山を貼って、「球体」の問題3題。

過去問も、そっくり問題も絶対出る・・・という確信はありませんが、生徒が勉強し覚えた内容を全て違う内容として出しているので、

解き方、考え方をしっかりマスターできたかの確認です。

今日は最終講師のレクチャーもするので、間違ったところがどこでなんで間違ったかをしっかり確認です。

明後日の本番は、緊張しないで、頑張ってこい!

今英語の2回目のレイスニングが終了。

頑張れ~\(*⌒0⌒)♪

都立高校入試対策ー第2弾ー

毎年この時期、毎週土曜日は、「都立高校入試対策」として、過去問や、そっくり問題を行っている。

本日第2回目。

今日も雪の中みんな頑張って来てくれた。

午前9時から試験と同じ時間でテストを行なった。

今日は数学2回分と理科1回分。

出来ないところがどこなのか、どうして間違ってしまったかを講師にレクチャーしてもらい、答え合わせを行う。

あと2週間を切った本試験まで、この講習をやるようになって、

自己採点ではあるが、合格者の点数が上がっていることは事実。

効果はある!!

今日は大雪。外は雪が積もってきた。

今日は、数学と理科の知識を頭の中に積もらせて、頑張れ~

 

合格しました。

中学生3名、小学生1名合計4名の合格者が出ました。

難関高校の1つ、私立江戸川女子高等学校合格

内心はオール5だったので心配はしていませんでした。流石難関高校、過去問が難しい。

あまりの難しさに、ちょっと凹んでしまったこともありましたが、流石実力の持ち主です。

「合格」しました。

9月からの受講生です。

中学受験をしたいということで、始めました。

11月の模試試験では、判定外。到底学力が及ばない。

しかし、本人は「頑張る」と言っているので、“乗りかかった船。ではなく乗ってしまった船”になっていたので、毎日、基礎学習強化をはじめました。

どうしてもできない問題が「割合の問題」2週間かけてもできない。

やっと解けるるようになった「塩水の問題」これは100%できるようになりました。

とにかく時間がない。

12月1が、自己推薦日。ここは残念。

しかし、1月24日の試験は「当たって砕けて来い」と送り出しました。

翌25日「先生受かりました」とお母さんから!!

ガッツポーズ

(((o(*゚▽゚*)o)))やった~

東海大付属浦安中学校{合格}

いつ始めてもいいんです。自分自身でやろうと決めていれば。

きっと夢は叶うんです。

夢はこれから叶えていくもの。

合格はゴールではなく「スタート」です。

合格しました。

中学生3名、小学生1名合計4名の合格者が出ました。

難関高校の1つ、私立江戸川女子高等学校合格

内心はオール5だったので心配はしていませんでした。流石難関高校、過去問が難しい。

あまりの難しさに、ちょっと凹んでしまったこともありましたが、流石実力の持ち主です。

「合格」しました。

9月からの受講生です。

中学受験をしたいということで、始めました。

11月の模試試験では、判定外。到底学力が及ばない。

しかし、本人は「頑張る」と言っているので、“乗りかかった船。ではなく乗ってしまった船”になっていたので、毎日、基礎学習強化をはじめました。

どうしてもできない問題が「割合の問題」2週間かけてもできない。

やっと解けるるようになった「塩水の問題」これは100%できるようになりました。

とにかく時間がない。

12月1が、自己推薦日。ここは残念。

しかし、1月24日の試験は「当たって砕けて来い」と送り出しました。

翌25日「先生受かりました」とお母さんから!!

ガッツポーズ

(((o(*゚▽゚*)o)))やった~

東海大付属浦安中学校{合格}

いつ始めてもいいんです。自分自身でやろうと決めていれば。

きっと夢は叶うんです。

夢はこれから叶えていくもの。

合格はゴールではなく「スタート」です。

都立高校入試対策

いよいよ2月24日(月曜日)は都立高校入試日です。

その前の2月10日から3日間は、私立高校入試試験があります。

どちらも落とさないように

今年も、都立高校過去問&そっくりテストを実施しています。

先週から始まり、今週も実施中。

昨年までは、3教科(英語・数学・国語)をやっていましたが、今年は、苦手教科ではなく、得意科目強化を目的に行っています。

数学・理科・英語がメインです。

社会・国語は、日頃の暗記や、読書の習慣によって個人差が違うので、各自過去問等を渡し時間の空いている時に行うよう指導をしています。

数学はレクチャーをしないと「解き方・考え方」がわからないので、強化しています。

英語も、「答えを見てなるほど」と終わるのではなく、英作文は自力で書けるよう指導をしています。

理科は今年から強化しました。各単元ごとに得手不得手がある教科なので、忘れてしまっている部分を「○○は分かっている・分かるはず」と強調し印象づけて覚えるよう指導をしています。

今年の生徒の多くが、指導した勉強方法をしっかりやっているので伸びている生徒が多く、「もう少し早く始めていればもう1つ上の学校が狙えた」と思う生徒がいます。高校ではきっと上位を狙っていけると思っています。

まだ、結果は出てはいません。

苦手を1つでも克服できる指導をしています。

 

頑張れ~

 

嬉しい知らせです。

当塾も6年目を迎えました。

最初の卒業生が、大学生になろうとしています。

中学2年生からお預かりした最初の卒業生が、高校3年生になっています。

夏休み、ひょっこり現れ「大学AOで受験しようと思っているんですが、どうやって勉強したらいいですか?」

とやってきた男子卒業生。「もっと早く来いよ!!」と言いつつ、知っている限りの復習勉強のやり方を指導し、基礎問題集を調べ、塾で持っている問題集を渡し

「頑張れよ!!」と送り出しました。

その後やはりひょっこりやってきて「先生合格しました」

嬉しいですね。高校生活は知りません。

しかしここで塾で基礎勉強をやったからこそこうやって報告にも相談にも来てくれる。

年賀状が届きました。

ここにも嬉しい1枚がありました。

昨年の卒業生です。

基礎学力がない上始めたのが中学3年の10月から。

数学というより、算数の理解すら出来ていない。

「会計士になりたいんです、商業に行っても大学に行けますか?」

この言葉を聞いて、ほとんど毎日。学習指導をしました。

当然「推薦」はダメでした。内心が全く足りません。

「実力をつければ絶対に合格できる」を言い続け、無事「合格」

「いろいろお世話になりました。高校生活はとても楽しいです」と年賀状もらいました。

嬉しいですね。結果が現れて。

もう1枚は、やはり卒業生です。

引越しをしてしまい、次年度の年賀状は返ってきてしまいました。

その生徒が、「12月に大学の看護学部に合格しました。4がつからだいがくせいです。!!」

と報告のはがきをくれました。

喜んではいられない時期ですが、卒業生たちの嬉しい報告を聞くと、今ここにいる生徒にも同じ思いをさせてあげたいと切に思います。

2014年受験生みんな!!

楽しい未来のために、今頑張れ~

 

 

いよいよセンター試験

高校受験の中学生にはまだまだ先のように思われるでしょうが、3年後には再びセンター試験を受けて”大学受験”が待っています。

”高校にも合格していないのに気の早い・・・”と思うでしょうが、中学の学習は、このセンター試験・大学受験の基礎学力につながるのです。

中学の基礎学学力の定着が、採取学歴「大学」の行方につながるということです。

では、どこから始めればいいの?

まさに昨年の流行語「今でしょ」

“勉強を始めることに遅いことはない!!”

と、常々生徒たちには申していますが、まさに、「今」からです。

まだスタートラインにも立っていない、中学生。

中学3年間がどのようなものであったかのけっかが、高校です。

どの高校に合格するかはこの3年間の「頑張り」が結果なのです。そこがたまたま「○○高校」ということです。

しかし、ゴールではありません。また更に3年間頑張った結果は、あすからはじめる「センター試験・大学受験」です。

そしてさらに4年間・6年間頑張った結果が、就職です。

まだまだゴールではありません。

どこがゴールなんでしょうか。

まだまだ、中学生・高校生たちのゴールは先の先ですね。

来週から、高校受験の推薦受験が始まります。

勉強の苦手だった生徒はほとんど、試験をせずに高校生になっていくでしょう。

しかし、中学でやらなかったツケは必ず高校生活で「後悔」という形になって現れます。

今から頑張ればきっと追いつくでしょう。

まだ始まったばかりの人生です。「後悔」という人生はもったいないです。

「後悔」とはやらなかった場合に必ず思い悩むことです。

今始めれば、これはどのような形でも、「結果」が現れます。

「結果」は反省し直すことができるものです。

今始めましょう!!

個別ゼミを始めます。

個別ゼミを始めます。

個別ゼミがないかというと、計算・漢字は従来通り反復学習をします。それプラス「思考力育成講座」を加えた学習法です。

「思考力講座」とは子供が持っている、興味や好奇心を刺激し、自分から行動し考える能力を育成する講座です。

学習は本能です。

人間は自ら学習する本能を持っています。

どんな人でも、全く何もできなく寝たまま、座ったままの人はいません。

赤ちゃんが寝ていたのに3ヶ月で寝返りをうち、1年も経てば歩くようになります。

日々学習しているのです。

日々考え、自分に不利益なことを避け、利益の上げがるまたは自分に都合の良い方法を考えます。

これは、本能です。自己防衛本能とも言います。

学習して培った能力でもあります。

勉強のように強制的に行うのではなく、自ら学習をするように導いていきます。

学習内容は、くもんや、学ケンなどで行っている、反復学習の「計算・漢字」を中心に「思考力講座」も同時に行います。

「思考力育成講座」は呼び方は違いますが、関西方面では灘高、関東では開成などの難関校に合格している生徒の多くが受講している講座です。

そして、国・公立中学受験の試験にも出題されているものです。

興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

個別ゼミを始めます。

個別ゼミを始めます。

個別ゼミがないかというと、計算・漢字は従来通り反復学習をします。それプラス「思考力育成講座」を加えた学習法です。

「思考力講座」とは子供が持っている、興味や好奇心を刺激し、自分から行動し考える能力を育成する講座です。

学習は本能です。

人間は自ら学習する本能を持っています。

どんな人でも、全く何もできなく寝たまま、座ったままの人はいません。

赤ちゃんが寝ていたのに3ヶ月で寝返りをうち、1年も経てば歩くようになります。

日々学習しているのです。

日々考え、自分に不利益なことを避け、利益の上げがるまたは自分に都合の良い方法を考えます。

これは、本能です。自己防衛本能とも言います。

学習して培った能力でもあります。

勉強のように強制的に行うのではなく、自ら学習をするように導いていきます。

学習内容は、くもんや、学ケンなどで行っている、反復学習の「計算・漢字」を中心に「思考力講座」も同時に行います。

「思考力育成講座」は呼び方は違いますが、関西方面では灘高、関東では開成などの難関校に合格している生徒の多くが受講している講座です。

そして、国・公立中学受験の試験にも出題されているものです。

興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

勉強をいつはじめるか?

よく「勉強はいつから初めたらいいですか?」と保護者からの問合せをいただきます。

前回も書いたことですが、「いつ始めても、遅くはありません」と申しています。

しかし、その時の学力が問題になってきます。

中学生になっている生徒の中には、分数の計算ができない生徒がいます。驚くことに少人数ではありません。

分数の理解ができていないということは、割算の理解も出来ていない場合もあります。

分数では通分をする計算が多くあります。その場合、最小公倍数ができないので通分ができません。

また約分も中途半端になってしまうので、答えが間違ってしまうのです。

中学生になると学習内容が違うと思われがちですが、基本的に学習は積み重ねなので、小学生の学習が定着していないと応用問題の中学学習で

つまずいてしまうのです。

小学校の勉強は簡単!!と大人は思いがちですが、まだ子供である小学生には、初めて出てくることばかりで、チンプンカンプンなのです。

“かんたん”なのは、大人になるまでに何回となく目にして、問題を解いているので、“かんたん”に解くことができるのです。

始めることに「早い」という事はないということです。

そして何よりやり続けなくてはならないことは“反復学習”です。

毎日少しづつ続ける力は、小学生だけで必要なのではなく、中学、高校になっても大切な学習方法なのです。

 

 

 

PAGE TOP