ホーム>塾長ブログ>2014年1月

2014年1月

嬉しい知らせです。

当塾も6年目を迎えました。

最初の卒業生が、大学生になろうとしています。

中学2年生からお預かりした最初の卒業生が、高校3年生になっています。

夏休み、ひょっこり現れ「大学AOで受験しようと思っているんですが、どうやって勉強したらいいですか?」

とやってきた男子卒業生。「もっと早く来いよ!!」と言いつつ、知っている限りの復習勉強のやり方を指導し、基礎問題集を調べ、塾で持っている問題集を渡し

「頑張れよ!!」と送り出しました。

その後やはりひょっこりやってきて「先生合格しました」

嬉しいですね。高校生活は知りません。

しかしここで塾で基礎勉強をやったからこそこうやって報告にも相談にも来てくれる。

年賀状が届きました。

ここにも嬉しい1枚がありました。

昨年の卒業生です。

基礎学力がない上始めたのが中学3年の10月から。

数学というより、算数の理解すら出来ていない。

「会計士になりたいんです、商業に行っても大学に行けますか?」

この言葉を聞いて、ほとんど毎日。学習指導をしました。

当然「推薦」はダメでした。内心が全く足りません。

「実力をつければ絶対に合格できる」を言い続け、無事「合格」

「いろいろお世話になりました。高校生活はとても楽しいです」と年賀状もらいました。

嬉しいですね。結果が現れて。

もう1枚は、やはり卒業生です。

引越しをしてしまい、次年度の年賀状は返ってきてしまいました。

その生徒が、「12月に大学の看護学部に合格しました。4がつからだいがくせいです。!!」

と報告のはがきをくれました。

喜んではいられない時期ですが、卒業生たちの嬉しい報告を聞くと、今ここにいる生徒にも同じ思いをさせてあげたいと切に思います。

2014年受験生みんな!!

楽しい未来のために、今頑張れ~

 

 

いよいよセンター試験

高校受験の中学生にはまだまだ先のように思われるでしょうが、3年後には再びセンター試験を受けて”大学受験”が待っています。

”高校にも合格していないのに気の早い・・・”と思うでしょうが、中学の学習は、このセンター試験・大学受験の基礎学力につながるのです。

中学の基礎学学力の定着が、採取学歴「大学」の行方につながるということです。

では、どこから始めればいいの?

まさに昨年の流行語「今でしょ」

“勉強を始めることに遅いことはない!!”

と、常々生徒たちには申していますが、まさに、「今」からです。

まだスタートラインにも立っていない、中学生。

中学3年間がどのようなものであったかのけっかが、高校です。

どの高校に合格するかはこの3年間の「頑張り」が結果なのです。そこがたまたま「○○高校」ということです。

しかし、ゴールではありません。また更に3年間頑張った結果は、あすからはじめる「センター試験・大学受験」です。

そしてさらに4年間・6年間頑張った結果が、就職です。

まだまだゴールではありません。

どこがゴールなんでしょうか。

まだまだ、中学生・高校生たちのゴールは先の先ですね。

来週から、高校受験の推薦受験が始まります。

勉強の苦手だった生徒はほとんど、試験をせずに高校生になっていくでしょう。

しかし、中学でやらなかったツケは必ず高校生活で「後悔」という形になって現れます。

今から頑張ればきっと追いつくでしょう。

まだ始まったばかりの人生です。「後悔」という人生はもったいないです。

「後悔」とはやらなかった場合に必ず思い悩むことです。

今始めれば、これはどのような形でも、「結果」が現れます。

「結果」は反省し直すことができるものです。

今始めましょう!!

PAGE TOP