ホーム>塾長ブログ

塾長ブログ

君を裏切らないもの!!

201632817209.jpg

始めることに遅いことはないが...

始めることに遅いことはないですが、学習習慣は、小学生の低学年からしっかり定着させる習慣が必要だと思います。

よく、保護者の方から「何時から勉強を始めたらいいでしょうか?」という質問をされます。

勉強を本気でやろうと思えば、何時から始めても、遅いことはありません。しかし、お子さんの中で、「よし今日から一生懸命勉強をするぞ」と、やり始めて必ず続けられるお子さんがどれほどいるでしょう。

皆初めはすごくやる気を持って始めるのです。でも、いざはじめて見ると、「勉強のやり方が分からない」「何から始めたらいいかわからない」というお子さんばかりです。

これは、小学校の時から、毎日学習する習慣が付いていないからです。

この「習慣」は継続です。

小学生のうちから、定期的に習慣づけて勉強をしていると、今自分がどこができないのか、どこから始めればいいのかが、明確になっています。なので、、いざ始めようと思ったら、学習習慣が付いているので、すぐに始められ、継続もできるようになります。

しかし小学校の時に、毎日、国語の漢字・算数の計算などの宿題を出してくれる先生に当たればラッキーです。毎日学習する課題を出してくれるからです。だから何とか宿題はこなしているので、勉強の習慣が付いているように感じます。

反対に出してくれない先生に当たったら、「学習習慣」とは程遠い世界に導かれて行ってしまいます。最近では、「ゆとり」が終わった成果、宿題をだす方向に、教育委員会で決まっているようです。

しかひ、中学になるとこの「宿題」はなくなってしまいます。

「自習学習」という名前に変わり、「ここはいついつまでにやっておきましょう」と、中間や期末までやればいいものだと思いがちになります。当然やらなければ、試験1週間前には「宿題」になってしまいます。提出しなくてはいけないので。

ここまで、強制されないとやらない、1週間前だからというよりも、提出しなくてはいけないものだからという理由で、問題集などを終わらせます。

もっと早く、「習慣」ついてやっていれば・・・・

毎回中学生はこんなことで、落ち込んでしまうのです。

勉強を始めることに遅いことはありませんが、「勉強習慣」をつけるには、小学校の低学年からです。

でもわからないことを何回続けても上達は遅くなるだけです。

一つ一つ理解したうえで学習を進める→自分の能力を発揮しながら進める→学習する事が「習慣」になってくる→勉強が面白くなってくる

このサイクルを小学生のうちにしっかりつけていくことが大切です。

そうすれば、地域の中学校に行っても、成績で心配する事が無くなるでしょう。

中学受験も視野に入れた勉強方法に切り替えることもできます。

「習慣」継続は力です。

 

20161612617.jpg

あけましておめでとうございます。

20161612435.jpg

言葉の大切さ...

20151215202919.jpg

いつでも来てください。

 2学期に入るなり、色々なイベントが多いのに、急ピッチで授業が進んでいます。

中間は何となく終わってしまっていませんか?出来なかったところがどこなのか、

把握、知ることが大切です。

学校では、“わからない”という質問を受け付ける余裕もなく、課題を消化していくことでしょう。

今まで、ちょっと小ばかにしていた“その日の復習”をしっかり行っておかないと、

期末試験はおろか、「何をやっているのか?内容がまるで知らない国の事…」に

なりかねません。

今まで“一夜漬け勉強”ばかりしていた、“何となくできる問題がいくつかあった”

“「勉強はできるやつは出来て自分はできない人間なんだ」と

訳のわからない事を思い、”何もやっていなかった”そんなことはありませんか?

塾の指導をしっかりやっている生徒は・・・・

EX(たとえばの実例)

  ☆鹿中の例:中2の2学期全校生徒中129番が、中3・1学期で11番に上がりました。

☆五中の例:どの教科も(特に数学・英語)はいつも60点前後。夏の講習を終え2学期の試 験は20点アップ!!内申「34.5点」まで伸び、小岩高校、見事合格。

☆上中の例:中2の1学期の成績はオール3.夏期講習を終え(少し塾長にも小言を言われ むかついたのか・・・)火がつきました。2学期の期末試験では平均78点にそして3年の1  学期には見事オール4に!!

 志望高校は、当時葛飾総合でしたが、実際の受験校は『関東第一特進(合格)そして都立 志望高校『東高校』に見事合格!!

☆上中の例②:中学2年3学期から塾に入り、当時の成績は、5教科平均75点。

 お父さんが絶対の意見は≪小松川高校≫と一歩も譲らず。し立の受験を却下。

 あとがないので、小松川高校への猛勉強。数学・理科はめきめき伸び続け、3年2学期に  は、数学98点、理科96点。国語が苦手で70店台から伸び悩んでいましたが、とにかく内申 を上げるための勉強を強化。5教科平均85点にまでいきました。

 しかし、内申評価はあまり上がらずなんと内申点が「37点」

 結果は結果。3年2学期期末終了後から受験勉強対策へスイッチ。

 受験に向けて、毎週土曜日も塾で勉強。年が明けて、1月には、都立高校過去問も平均90 点台まで伸びてきて、都立小松川高校、見事合格。

と、どんどん成績を上げ、行きたい学校に行っています。

いける学校を選ぶのではなく、自分の行きたい学校を見つけて

ください。

そして、そこに向かって、邁進していきましょう。

ID個別ゼミナールは、そんなあなたの応援団です。

 

利き脳はどっち?

右利き?左きき?というと手の利き手を指しますが、右利き、左利きは手だけじゃ有りません。
2015121215543.jpg
利き脳ははどっち?
直感の右脳!論理の左脳!!

脳の成長は経験により左右されます。自我が生まれる頃から自分にとって良い刺激と悪い刺激に選別し、利き脳はが作られると言われます。
目や耳で得た情報を脳に送るインプットの利き脳と情報から脳から取り出して表現するアウトプットの利き脳があります。

自分はどっち?
調べ方。

インプットの利き脳   無意識に左右の手を指組します。
            親指が下に来た手が右手なら、右脳
            左手なら左脳が利き脳です。

アウトプットの利き脳  無意識に腕組をします。
            下になる腕が右腕なら、右脳
            左手なら左脳が利き脳です。

定期テストの勉強

定期テスト勉強は(  )日前から始めると得点が上がる?!

皆さんは、何日と数字をあてはめますか?

ほとんどに皆さんは、1週間前から始めるのではないでしょうか!

しかし、それでは間に合わない事が多いです。

テストの10日前から準備するのです。

本当は2週間前から、と言いたいところですが、まだ、テスト範囲が正確に決まっていないうちから勉強を始めるのは、なかなか難しいでしょう。

決まった勉強期間より「3日早くする」ことが、大きな成果を生みます。

勉強を人と比べることはいけませんが、「3日早い」だけでかなり有利になります。

 

結果が出る人とでない人の一番の違いは?!

これははっきりしています。

「結果が出る人」は、問題を解けるようにしてからテストを受けています。

「結果が出ない人」は、単に教科書をまとめるだけ、提出物の問題集を解いただけ、でテストを受けているのです。

問題を解けるようにする、というと、何か難しい問題を解ける能力が必要と思うかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

極端な話、理解が50%でも、解けるようにすることはできます。

いわゆる、問題と答えをセットで覚えるということです。

「解答を覚える」というと印象を悪くするかもしれませんが、そんなことはありません。

「理解」を優先しすぎると、結果を出せない事があるのです。

しかし、この方法は、実践テスト(模試試験や領域別試験)には通用しません。

 

テスト前にする作業の中心は、問題を解くこと、解けるようになることです。

このような解ける練習を7日前から始めるのです。

テストの本番は、問題を解きます。

だから、テスト勉強も問題を解き解けるようにするのです。

8,9,10日前は、「理解する」『まとめる』時期です。

たとえば、板書をまとめる、教科書の重要分をまとめるなどです。

 

問題を解くポイントは、

「同じ問題集」を「同じ順番で」「解けるようになるまで繰り返し解く」

ことです。

それしかありません。

とにかく問題を解くのです。

良く、「同じ問題を何度も解いたら、答えを覚えてしまって意味がない」と言う人もいます。

まったくの誤解です。

そんなことはないのです。

問題を解けるようになることが大切なのです。

 

学校の問題集より塾の問題集や

                 いろんなものやったほうがいい?!

これは一番やってはいけないパターンです。

塾の問題集がいけないということではありません。

色んなものに手をつけることが問題なのです。

理由が解りますか?

中学の定期テストで出される問題は、「中学校で使う問題集」「板書」「教科書」の内容です。

テストに出てくる図や表なども、それに近いものが出題されます。

その問題集を絶対に先に、そして繰り返しやるべきです。

その延長上に、市販の問題集や塾の問題集があるのです。

塾の先生も「中学校の問題集はやらなくていい」なんて言ってませんよね!!

 

テスト前は、何時間勉強するのがよいか?!

普通の勉強時間(家庭学習時間のことです)でよく言われることがあります。

「小学校からの学年数×10分」と言うことです。

ですから、

中学1年(小学7年)=10×7=70分

中学2年(小学8年)=10×8=80分

中学3年)小学9年)=10×9=90分

が、1日の勉強時間となります。(毎日の勉強時間です)

テスト直前なら、更に増やさなければなりません。

目標としてさらに1.5倍と考えます。

中学1年(小学7年)=70分×1.5=100分(1時間40分)

中学2年(小学8年)=80分×1.5=120分(2時間)

中学3年)小学9年)=90分×1.5=150分(2時間30分)

(きりのいい数字で区切って書いてあります)

 

いかがでしょうか?!

今までやった事の無い人にとっては、厳しい時間かもしれません。

そんな人は、「今までの1日の家庭学習時間」を更新する事を目標としてはどうでしょう。

あるいは「1日30分」でも良いでしょう。

毎日やることが大切なのです。

 

逆に、書いている勉強時間以上に頑張ってやっている人は、それを維持して頑張ってください。

 

テスト前は何時ごろ寝るのがよいのか?!

普段の生活では、中1中2のうちは「11時に寝て6時に起きる」のがベストです。

しかし、これをテスト直前に守りすぎるのは少しNGです。

たとえば、テスト3日前であれば、勉強時間はピークになっているでしょう。

また、そうしなければいけない時期です。

そんな時に、夜でも調子良く、11時になっても集中力がMAXならば、更に「やりたい気持ち」が持続しているのであれば、続けてやったらいいのです。

寝る間を惜しんで勉強する時期も大切です。

翌日眠くなるかもしれません。

しかし、テスト勉強期間中です。

この時期くらいは、それくらい勉強をするのです。

それを続ければ、「頭の体力」も身に付きます。

 

 

テスト前の勉強法、次の質問に答えられたらOKです。

次の質問にYESと答えられる人は、問題ありません。

Q「単純な暗記事項なら、覚えられる方法を知っている」

Q「テスト直前の勉強時間は決まっている」

Q「いつ、何を・何回すればいいのかわかっている」

Q「自分の苦手な部分を理解している」

いかがでしょうか?

勉強のやり方でつまずいてはいけないのです。

 

新学期を迎えるにあたって

当塾では、小学校・中学校の生徒に向け、国語授業を徹底させています。

特に、小学生や、勉強の伸びが遅い生徒には、国語教育を徹底しています。

なぜか・・・

全ての教科、日本語つまり国語で書かれています。

ビデオ、テレビ、ゲームなどの普及により、子どもたちの語彙力が低下しています。

本を読んでいないわけではないのですが、「語彙力」に繋がっていません。

それは、今話題の漫画や映画などが、小説化し、それらを読んでいるため、言葉が今はやりの言葉、口語に為ってしまっているからなのではないかと、

ふと、思います。話をしていても、語彙が足らないので、表現力も乏しくなっているように思えます。

色々な話を読んで、知識を増やし、文章中のどこを抜き出すのか・指示語は何の事を指しているかなどは、を集中して行っています。

同時に、考える力の育成もおこなっています。

小学校の勉強を甘く見てはいけません。

小学学4年・5年・6年生でやった勉強は(国語・算数・理科・社会)は、

中学1・2年生での基礎学力となるのです。

ここでやっておかないと、中学1・2年では、ついていく事さえ大変になってしまいます。

子どもは判断できませんし、保護者の皆さんは、中学に入ってから頑張ればいい。とお思いでしょう。

でも、頑張らなくてはならないのは、ご自分のお子さんです。

分からないまま授業が進む、悲しい子どもの姿を見るのと、はきはき答え、授業に対する意欲が生き生き見える

積極的に、何でも挑んでいる子どもさんの姿をを見るのと、どちらが楽ですか?

中間試験が終わって

先週で中間試験が終わりました。

しかし、期末試験のカウントダウンが始まっています。

32日後から、「期末試験」が始まります。

うかうかしてられません。

id(アイドゥ)個別ゼミナールでは、出来ない生徒は、毎日塾に来させ(来る生徒と来ない生徒はいますが、基本来てもらいます)

来ない場合は、ご家庭に電話をしてこさせます。

勉強が嫌いなので、しぶしぶ来ますが、毎日来ているので、ある意味「習慣」になってきています。

そんなお子さんの変化がうれしいです。

散々、「わからない解らない」を連呼していましたが、「今回はむずかしかった」

と云ってきました。

点数が出ました。いつも0点か、まぐれあたりで5点だったのに、24点。

「難しくて、時間がなかった。」

少しずつ、理解し始めた証拠です。

こんな日常です。

出来るお子さんは努力をします。プライドもあります。だから成績は下がりません。

しかし、普通の成績のお子さんは伸びません。なぜなら、何となくちょっとやっただけで、ちょっといい点だからです。

平均点1・2点上だからです。

もっと努力をすればできるのに・・・

こんな会話は毎回テスト後の反省となります。

でも、全く出来ないお子さんは、授業はつまらなく寝むかったので、聞いてません。

聞いても解らないから。先生も無視しているので好都合。

それが、毎日、いやでも勉強させられたいるので、嫌でもやらなくては帰れません。

強制ではありませんが、強制させてます。

どこどこ高校に行きたい。と云ったので、私は叶える為の労力は惜しみません。

お母さんにも了解しています。

子どもは嫌でしょうね。

でも。思っているはずです。

勉強が一番ではないけれど、出来ないより、出来るほうが絶対にい!!と。

PAGE TOP